2012年 03月 24日

Trout Photograph Lesson.1

e0202393_18594570.jpg

いままで、C&Rに付いて逃がせばいいかなって感じでしたが・・・
これからは、私達フライマンがお手本になって行かなくちゃいけませんね・・・
そして、魚の写真について・・・優しい撮影? 綺麗に撮れる撮影など・・・
少しずつ紹介できればいいなぁ~と思います・・・

※水に浸かるトラウト 本来の魚の色ですね・・・
体色・ヒレ・目の輝き・・・どれを取っても美しい・・・まさにレインボートラウト!
ようは、水から出さないで撮影することが一番綺麗と言う事になりますが・・・・
だして撮影する場合でも・・・如何に短時間で、トラウトの体温が上がらない前に・・・
変色しない前に撮影すろ事が大事だと思います・・・・
※PL偏光フィルターは使わず太陽を背に一番コントラストが強い部分で撮影。
絞り優先 f8 オート 
注意! 夏場など水温の高い止水での撮影は魚が弱るので避ける事・・・・
[PR]

by bqichi | 2012-03-24 19:07 | ナチュラル


<< 柳瀬川 春の使者到来!      春のトラウトレイク 芦ノ湖! >>